概要

JTableの選択状態をchangeSelectionメソッドを使って変更します。

サンプルコード

box.add(new JButton(new AbstractAction("changeSelection") {
  @Override public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    int row = -1, col = -1;
    try {
      row = Integer.parseInt(rowField.getText().trim());
      col = Integer.parseInt(colField.getText().trim());
    } catch (Exception ex) {
      ex.printStackTrace();
    }
    table.changeSelection(row, col, toggle.isSelected(), extend.isSelected());
    //table.changeSelection(row, table.convertColumnIndexToModel(col),
    //                      toggle.isSelected(), extend.isSelected());
    table.requestFocusInWindow();
    table.repaint();
  }
}));
view all

解説

JTable#changeSelectionは、toggleextend2つのフラグで、セルの選択状態を以下のようにいろいろ変更することができます(JTable#changeSelection(int, int, boolean, boolean) より引用)。

  • toggle:falseextend:false
    • 既存の選択をクリアし、新しいセルが確実に選択されるようにする
  • toggle:falseextend:true
    • 既存の選択をアンカーから指定のセルまで拡張して、ほかのすべての選択をクリアする
  • toggle:trueextend:false
    • 指定されたセルが選択されている場合、そのセルを選択解除する。選択されていない場合、そのセルを選択する
  • toggle:trueextend:true
    • アンカーの選択状態を、そのアンカーと指定されたセル間のすべてのセルに適用する

上記のサンプルは、toggleextendの状態を変えて、実際に選択状態の変化をテストすることができます。アンカーや選択状態、列の入れ替えなどを行ってchangeSelectionによる変更の確認をしてみてください。

コメント