概要

JavaAPIドキュメントをブックマークレットを使って、日本語と英語で切り替えます。

サンプルコード

  • Java API JP<>EN
javascript:(function(){var l=location,m=l.href.match('^(https?://)(.+)((?:api|technotes)[^+]+)'),n=m[2].match('/([6-8])/');if(m)l.href=m[1]+'docs.oracle.com/javase/'+(/\/jp\//.test(m[2])?n[1]+'/docs':n[1]==8?'jp/'+n[1]+'/docs':'jp/'+n[1])+'/'+m[3];}());

解説

適当に(Java API Doc JP<->ENとか)を名前を設定し、アドレスに上記の一行を貼り込んだブックマークを作成して使用します。例えば英語版のJavadocを表示中にこのブックマークをクリックすると日本語版のJavadocに移動することができます(逆も可能)。

よく分からない翻訳がある場合に、日本語版と英語版を切り替えながら見比べると結構便利です。

変更履歴

  • httpからhttps?に修正
  • technotesに対応
  • webnotes対応 あまり使用しないので削除
  • docs.oracle.comに対応
  • 日本語版は dlc.sun.com.edgesuite.net/jdk/jdk-api-localizations/jdk-api-ja/builds/latest/html/ja/ を見るように変更

メモ

  • URLJavaAPI doc風?なら、Java 8英語版(Oracle)に移動

参考リンク

コメント

  • 日本語版は docs.oracle.com/javase/jp/6/ を見るように変更 -- aterai
  • googleなどの検索エンジンのキャッシュから移動できるように変更(検索結果に表示された java.sun.com のドキュメントが、http://www.oracle.com/technetwork/java/index.html に転送されてしまうようになったので) -- aterai
  • Java 8のドキュメントは、まだ英語版のみなので未対応。ただ、7に比べると無駄?な装飾も減って、文字サイズも6並の大きさに戻っているので見やすくなっている。 -- aterai
    • Java 8のドキュメントでは、各メソッドなどへのアンカーにある空白や(,)などが-に置き換わっている? 空白を%20などとURLエンコードしなくても良いのは便利そう(メモ: 詳しい変更内容を探すこと)。 -- aterai
    • 配列は、[] %5B%5Dから:A。 -- aterai
    • メモ: Need help in converting this template to Java 8 仕様が見つからない・・・。 -- aterai
//Java 8 用に、(、)、, 、[]だけ?対応
javascript:(function(){var l=location,m=l.href.match("^(https?://)(.+)(api[^+]+|technotes[^+]+)");if(m)l.href=m[1]+'docs.oracle.com/javase/8/docs/'+decodeURIComponent(m[3]).replace(/\+.*$/,'').replace(/\[\]/g,':A').replace(/, |\(|\)/g,'-');}());