概要

エンコーディングなどを気にせずに使えるように、Antで使用するプロパティファイルをXMLにします。

サンプルbuild.xml、properties.xml

build.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="example" default="compile" basedir=".">
  <import file="config/properties.xml" />
......

properties.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project>
<!-- プロジェクト -->
<property name="Name"   value="Example" />
<property name="name"   value="example" />
<property name="vendor" value="てんぷらメモ - aterai@outlook.com" />
<!-- コンパイルオプション -->
<property name="compile.debug"    value="on" />
<property name="compile.optimize" value="on" />
<property name="compile.nowarn"   value="off" />
<property name="compile.source"   value="1.7" />
<property name="compile.encoding" value="UTF-8" />
<!-- ターゲットフォルダ -->
<property name="build.dir"  value="${basedir}/target" />
<property name="build.src"  value="${build.dir}/src" />
<property name="build.dest" value="${build.dir}/classes" />
<property name="build.docs" value="${build.dir}/apidocs" />
......
</project>

解説

Antで環境に依存するプロパティなどを、build.xmlから分離したい場合、build.propertiesといったファイルを作成してimportする方法がありますが、プロパティの値に日本語が入っているとnative2asciiする必要があり、すこし面倒です。

上記のサンプルでは、importタスクを使って、propertyタスクだけ記述したビルドファイルを取り込むことで、xmlファイルをプロパティファイルとして代用しています。

コメント

  • メモ: XmlPropertyタスクを使用する方法も調べること。 -- aterai