概要

Antを使って、Windows環境などでダブルクリックすると起動するJarファイルを作成します。

サンプルターゲット

<target name="package" depends="compile">
  <echo message="Creating the jar file ${build.dir}/${name}.jar"/>
  <tstamp>
    <format property="ts" pattern="yyyyMMdd-HHmmss-z"/>
  </tstamp>
  <jar jarfile="${build.dir}/${name}.jar" basedir="${build.dest}">
    <manifest>
      <attribute name="Main-Class" value="${main.class}"/>
      <attribute name="Class-Path" value="${runtime.classpath}"/>
      <attribute name="Implementation-Title"   value="${Name}"/>
      <attribute name="Implementation-Version" value="${version}"/>
      <attribute name="Implementation-Vendor"  value="${vendor}"/>
      <attribute name="Build-Id"
        value="${ts} (${user.name} [${os.name} ${os.version} ${os.arch}])"/>
    </manifest>
  </jar>
</target>

解説

Swing以下の適当なページから、サンプルコード(src.zip)をダウンロードすることができます。

${main.class}${runtime.classpath}などのプロパティは、config以下にある、properties.xmlファイルを編集して環境に合わせて修正してください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project>
  <property name="main.class"        value="example.MainPanel" />
  <property name="runtime.classpath" value=". jlfgr-1_0.jar lib/test.jar" />
  <!-- 中略 -->
</project>

以下のように、packageターゲットでantを実行すると、jarファイルが作成されます。

> ant package

Antを使わない場合は、以下のようなmanifest.txtを作って、

Main-Class: demo
Class-Path: SampleLib.jar

jar.exeで作成します。

> jar -cvfm hogehoge.jar manifest.txt demo.class

ただ、マニフェスト・ファイルを手で書くと、名前の後には:と半角スペースが必須だったり、最終行末に改行がないとおかしくなるなど(JAR ファイルの仕様)、細かい制限があるようです。

コメント